沖縄の木造住宅は木目を活かした独特の風合いが人気の理由

サイトマップ

リビング

耐震に対応した木造住宅

きれいな部屋

木造住宅は、鉄骨住宅と比べて耐震性が気になってきます。ただ、充分な処置を行っておけば、安全な状態で暮らしていくことができます。
まず、木造住宅を建てる時に基礎をしっかりと作っておくことで、丈夫な家を手に入れることができます。基礎として、鉄骨やコンクリートを使うことで強度を保つことができるのです。家自体は木材で建てたとしても、それを支える元となる部分はしっかりと作っておけば、地震の揺れに負けてしまうことがありません。たとえ大きな地震があったとしても、安全を確保することができます。
また、基礎にコンクリートを使うことで、木材が腐食してしまうことを防止しやすくなってきます。木材は、床下の湿気によってカビが生えやすくなってきたり、腐りやすくなってきます。一度状態が悪くなると虫も湧きやすくなり、劣化が進んでしまうでしょう。コンクリートを土台に敷きつめておけば、床下の水分が上がってくる心配がなくなるので、木材の腐食を防止しやすくなってきます。木造住宅でも、基礎をしっかりと行っておけば、安全性は確保することができます。それに加えて耐震に対応した金具なども用いることで、揺れから住宅を守れるようになってきます。

Copyright © 2016 沖縄の木造住宅は木目を活かした独特の風合いが人気の理由 All Rights Reserved.