沖縄の木造住宅は木目を活かした独特の風合いが人気の理由

サイトマップ

リビング

木造住宅の木材について

寝室

なんでも国産が良い、という人はいます。それは住宅にもいえることであり、国内産の木材を使うことに拘った住宅があります。兎に角、木という資源に恵まれた国ではありますから、実は調達自体に困ることはないです。但し、国内の林業は既に厳しい状況に追い込まれていますのでやはり高くつきます。
それこそ、海外からの資材のほうが安くなることは確実です。国内産の木材に拘らないほうがよい、ということは費用面からは確実に言えます。何でも国産がよいという考えも正しくなく、今は海外の木材でも相当に質が良いものを厳選していますから、耐久性に関してはまったく心配する必要はないでしょう。木造住宅の木材にまで拘る人はそれなりの費用を覚悟しておくべきです。要するに木造住宅は注文住宅のような形になりますし、コストが嵩むのは仕方ないです。しかし、拘ることが悪いわけではないです。ヒノキなどは質が良い物が日本で多く採れますし、やはり住宅によっては国内産の材木に拘ることも良い考えではあります。
要するに趣味趣向の問題になります。それこそ耐久性だけで言うならば鉄筋コンクリート製のほうが良いわけです。コストはかかりますが、その方が長く使えます。ですが、それでも木造住宅にするわけです。

Copyright © 2016 沖縄の木造住宅は木目を活かした独特の風合いが人気の理由 All Rights Reserved.